[PC]新PCケース SCYTHE M1

pcのパーツを交換した際に、ケースをクローゼットで眠っていたミドルタワーに変えたが、なにぶん古く、2.5インチのSSDを固定することが出来なかった。3.5インチを2.5インチを変換するようなパーツもあったが、そこに費用を使うくらいならっとpcケースを変えることにした。

こだわりたいところ

  • コンパクト
  • ダストフィルター
  • 裏配線
  • 前面ファン、140mm×2
  • 5インチベイなし
  • AURA SYNC があるので光が見れるケース

候補

SCYTHE M1

フロントパネルがガラス、上方向にスライドするギミックあり、結果的にシンプルさに惹かれて、これに決定。

ANTEC DP301M

フロントパネルに、LEDが搭載されているようで光らすことができる。サイズもよさそうだったが、実物をみる機会がなかったので見送り。

Cooler Master MasterCase Pro 3

モジュラーシステムで組み立てが出来るとのこと、とても興味があったがコンパクトとはいえ迫力があった。だが、そこがいいところでもある。予算的にもM1にファンをプラスしたら、結局のところ似た様な金額になっている気がする。候補としては、2番手だった。

https://apac.coolermaster.com/jp/case/mini-tower/mastercase-pro-3/

ANTEC P82 Flow ※番外編

コンパクトではないPCケースだったが、フルタワーというほどでもないと思う。何より140mmファンを前面に3基という見た目に惹かれた。が、スペース的に厳しいので見送り。

Cooler Master MasterCase H500P ※番外編

前面に200mmファンを2基搭載という、なかなかインパクトのある顔立ち、しかしながら今回の予算などに合わず。

https://apac.coolermaster.com/jp/case/mid-tower/mastercase-h500p/

ケース購入 『M1』

最寄りのPCショップに在庫があり、実物をみることができた。コンパクトだけど、フロントに140mmファン×2基搭載可能、ガラスの質感が思ったよりもよく、これに決めた。

M1 外観など

全体的に質感や仕上りみたいなところで気になるところはなかった。ガラスパネルが初めてだったが、艶がありいい雰囲気だと思う。前上下の吸気口にはダストフィルターが付いている。前と上はマグネット、下は挟み込みのような外そうと思えば外せそうな取り付けになっている。フロントのガラスパネルが上にスライドできるのは、デザインとメンテナンス性を両立できているような気がする。

パーツの組み換え

おもわぬ苦戦、GPUを装着後に、GPUと電源との間のスペースが狭くなり、手が入らず…、GPUを外して対応、コンパクトケースでは気を付けないといけない。

現PCケースでは、2.5インチのSSDを固定することができなかったが今回もケーブルの都合で2個あるうちの1個は、140mmファンと干渉したりと、どうしても固定できず。また直置きのような感じになった。難しい…。

旧ケースで宙吊りのSSD
結局、SSDの1個はこんな状態なり
もう1個は、ここで直置きのような状態

M1は、ケースにファンが付属しないので、フロント用に140mmの静音ファンを購入、140mmを2基取り付け可能なので1基は、今回の光らないものを取り付ける。もう1基を光るものにして上下で非対称を狙ってみようと考えている。光る方は物色中。リア側に持ち合わせていた120mm静音ファンを取り付けた。

まとめ

とはいえ、コンパクトで、サイドとフロントが、ガラスになっていたり、個人的には、シンプルで格好もいいケースだと思う。裏配線などに慣れていないところもあり難しかったが、気になったところは改めて考えてみようと思う。こういうのも自作PCの楽しみなところだったりする。ガラスのビニールを剥がしたいような、このままにしておきたいような…。

このサイトをフォローする!

[PC]新PCケース SCYTHE M1” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です